産後も使える保湿クリームを使うのもポイント

妊娠中は肌が状態が不安定になるときです。ホルモンバランスが変わってきてしまっているので、肌が極度に乾燥したり、ニキビができたり様々な変化を感じるでしょう。そんな妊娠期に使う保湿クリームは刺激の低いものが良いですが、できれば産後も使えるクリームがあるといいですよね。今回は産後も使える保湿クリームについてお話します。

続きを読む

妊娠線を作らないために必要なこと

妊娠中期、5ヶ月頃になるとだんだんとお腹のふくらみが目立ってきます。お腹がだんだん大きなり、皮膚が引っ張られることでできてしまうのが妊娠線。妊娠線は一度できてしまうと元に戻すのは大変難しいと言われています。できる前にしっかりと予防することがとても大切です。

続きを読む

妊娠中にシミ、肝斑、そばかすが増える理由

妊娠中に肌に起こる現象の一つがシミやそばかすが増えてしまうこと。
女性にとっては正直辛い変化ですよね。

実際、妊娠中には4割以上の妊婦さんが妊娠前よりもシミやそばかすが増えたというアンケートもあります。
その反面、残りの半数以上の妊婦さんは、妊娠前と変わらないという印象を持っているため、シミが増えるという現象は全ての人にあてはまるわけではありません。

とはいえ、中期までは問題なくてもその後に影響が出ることもあるため、安心することはできないのです。

続きを読む

できてしまった妊娠線に対処する方法

妊娠後期から急激に赤ちゃんが成長するため、おなかが急に大きくなり突然妊娠線ができてしまったというままも多いようです。特に妊娠9ヶ月頃のお腹は皮膚がパンパンにのびた状態、この時皮下組織が伸びに耐えきれずに亀裂を起こしてしまうことがあります。

続きを読む

肌の乾燥を防ぐ入浴方法

肌が乾燥するとかさかさして痒くなるだけでなく、妊娠線もできやすくなってしまいます。なるべく肌が乾燥しないよう、日々気を付けることがとても大切。化粧水や保湿クリームを塗るだけでなく、他に何かできることはないでしょうか?体を温めて肌のターンオーバーを促すのに欠かせない入浴。この入浴の時間を活用して肌の乾燥を防ぐ方法をご紹介ます。

続きを読む

できてしまった妊娠線は消える?消えない?

妊娠すると、急激な体重増加やお腹の中の赤ちゃんの成長に伴い皮膚が伸びてきます。その伸びに耐えきれなくなったとき、皮下組織のコラーゲンが断裂し、妊娠線ができてしまいます。この妊娠線は一度できると元には戻らないと言われていますが、全く元に戻るくことはないのでしょうか?できてしまった妊娠線のケア方法をご紹介します。

続きを読む

妊娠線ができやすい場所はここ!

妊娠すると赤ちゃんが入っているお腹が大きくなるため、妊娠線はお腹にできるもの、と思ってしまいがちですが、妊娠線はお腹以外の場所にもできるのです。妊娠線は急激な体重増加でもできるため、体重が増えた時に皮膚がのびる場所は要注意です。

続きを読む

妊娠中に肌が乾燥するのはなぜ

妊娠中はママの体にも様々な変化が起こりますが、乾燥肌になってしまうのもその一つ。
妊娠前は普通肌だった人が突然かさつくようになった、という話もよく耳にします。
乾燥のせいで肌にかゆみが出てしまった、という人も。

一体なぜ、妊娠中には肌質が変わってしまうのでしょうか。

続きを読む