産後も使える保湿クリームを使うのもポイント

妊娠中は肌が状態が不安定になるときです。ホルモンバランスが変わってきてしまっているので、肌が極度に乾燥したり、ニキビができたり様々な変化を感じるでしょう。そんな妊娠期に使う保湿クリームは刺激の低いものが良いですが、できれば産後も使えるクリームがあるといいですよね。今回は産後も使える保湿クリームについてお話します。

妊娠中は刺激の低いものを使おう

妊娠中は肌質が変わってきてしまうので、今まで使ってきたスキンケアアイテムが使えなくなってしまうということはよくあります。今まで使えてきたのにどうしてかしら?と疑問に感じる方もいるでしょう。

これは妊娠すると女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが変化して、肌が乾燥したり油っぽくなってしまうのです。男性ホルモンが増えると、どうしても肌が脂っぽくなり、ニキビができてしまいます。

肌が乾燥すると、いつもよりも肌が敏感になるためいつも使っていた普通の化粧品が肌に合わなくなってしまうのです。知らず知らずに使っているいつもの化粧品も、実は刺激が強い成分が入っていることがあります。

そのため、妊娠中はできるだけ刺激が低いスキンケアアイテムを使うのが良いでしょう。

中には赤ちゃんも使えるものがあります

妊娠中に使えるスキンケアアイテムはたくさんありますが、最近は産後も赤ちゃんと一緒に使えるものとし手発売されているものもも増えてきました。例えば、数年前から販売され、今ではママたちに大人気になったアロベビーミルクローションです。

このアロベビーミルクローションは99%天然由来成分でできていて、オーガニック認証も受けています。このローションは名前の通り、赤ちゃん用に作られていますが、もちろん妊婦さんにも使えるローションです。とても保湿力が高いので、肌の乾燥が激しい妊婦さんにもおすすめですよ。

他にも、いろいろ赤ちゃんと一緒に使えるローションもあるので、産後も使えるクリームを選んでくださいね。